論文・文献の簡単まとめ一覧ページ

論文・文献の簡単まとめ一覧ページ

このページではアブストラクトが確認できる論文を簡単にまとめています。

スポーツ

ビタミンB1誘導体の摂取は運動パフォーマンスに影響する?

ビタミンB1誘導体の摂取は運動パフォーマンスに影響する?

タイトル

The effect of a thiamin derivative on exercise performance

内容要約

目的
ビタミンB1誘導体を摂取することで運動パフォーマンスに良い影響をもたらすかを調べた研究。
方法
①ビタミンB1誘導体を摂取したチームと②摂取していないチームに分けて、a酸素摂取量、b乳酸の蓄積、c疲労時のパフォーマンスなどを比較。
結果・考察
2チーム間で差は見られなかった。
高強度の運動(自転車運動)ではビタミンB1誘導体の摂取が影響を与えないかもしれない。

子どものころにスポーツマンガを読む習慣があると大人になってからよく動きメンタルも良好?

子どものころにスポーツマンガを読む習慣があると大人になってからよく動きメンタルも良好?

タイトル

Can sports cartoon watching in childhood promote adult physical activity and mental health? A pathway analysis in Chinese adults

内容要約

目的
小児期におけるスポーツマンガを読む習慣が小児期のスポーツ体験や成人期の身体活動量・メンタルヘルスに影響があるかを調べた研究。
方法
中国の大学生50人に、①子供のころのスポーツマンガを読む頻度、②子供のころのスポーツ参加の頻度、③現在のメンタルヘルス状態、④現在の身体活動習慣を質問し解析。
結果・考察
・小児期にスポーツマンガを読む頻度が高いと、小児期のスポーツ参加の頻度が高い。
・小児期のスポーツ参加の頻度が高いと、成人期の身体活動量が多い
・小児期にスポーツマンガを読む頻度が高いと 、成人期のうつレベルが低い
ことなどが分かった。
子どものときにスポーツマンガを読む習慣をつけることで、大人になってからの活動量や精神衛生に影響を与える可能性がある。

ゆで卵と生卵で筋肉の合成に違いが出る?

ゆで卵と生卵で筋肉の合成に違いが出る?

タイトル

Raw Eggs To Support Postexercise Recovery in Healthy Young Men: Did Rocky Get It Right or Wrong?

内容要約

目的
運動後の筋合成において、ゆで卵と生卵の違いが影響を与えるのかを調べた研究。
方法
健康な男性45人が対象を①対照チーム(クロワッサンとバター、オレンジジュース:エネルギー394kcal、たんぱく質5g、脂質20g、炭水化物47g )、②ゆで卵チーム(卵5個 :335kcal、たんぱく質30g、脂質23g、炭水化物0g )、③生卵チーム(卵5個 :335kcal、たんぱく質30g、脂質23g、炭水化物0g ) に分けて実施。
ウォーミングアップ後、 チェストプレスとショルダープレスを実施。
採血: 210分前、120分前、60分前、運動終了直後、および、15、30、45、60、75、90、120、150、180、240、300分後。
外側広筋採取: 運動前、120、300分後。
結果・考察
ゆで卵・生卵チームにおいて、血漿中のロイシン濃度はすべての時点で対照チームより有意に上昇。食後30~180分後においては、生卵チームよりゆで卵チームが有意に上昇。
筋タンパク質合成率は3チームとも運動前よりも有意に上昇。
ゆで卵・生卵チームの間で有意差はなし。
たんぱく質量をしっかりと摂取できれば、ゆで卵と生卵における筋合成に差はない。

スポーツする習慣が小学生の視力低下を食い止める?

スポーツする習慣が小学生の視力低下を食い止める?

タイトル

Attending a Sports Club Can Help Prevent Visual Impairment Caused by Cram School in Elementary School Children in Japan

内容要約

目的
塾通いによる視力低下リスクをスポーツをすることで低下させることができるかを調べた研究。
方法
6~12歳の生徒7,419人が対象。
そのうち学習塾とスポーツクラブの両方に通っている1,506人の学習塾とスポーツクラブに通う頻度を調査。
結果・考察
塾の頻度が高いほど、眼鏡使用率が高い傾向。
塾の頻度が3~5回の場合、スポーツクラブに通う頻度が1→2回と増えるにつれて眼鏡使用率が有意に低下。
視力低下を防ぐという観点からも小学生がスポーツをする意義が見いだされた。

健康

運動と玉ねぎ・ブロッコリーが筋肉の柔軟性を改善?

運動と玉ねぎ・ブロッコリーが筋肉の柔軟性を改善?

タイトル

Effects of Quercetin Glycoside Supplementation Combined With Low-Intensity Resistance Training on Muscle Quantity and Stiffness: A Randomized, Controlled Trial

内容要約

目的
玉ねぎやブロッコリーに含まれるケルセチン(ポリフェノールの一種)と糖が結合したケルセチン配糖体と低強度運動の影響を調べた研究。
方法
中高齢者の男女54人を①運動+プラセボチーム、②運動+ケルセチン配糖体低用量(200mg)チーム、③運動+ケルセチン配糖体高用量(500mg)チームに分けて、 24週間の介入を実施。
大腿部の柔軟性を評価。
結果・考察
②と③のチームが①のチームと比べて、筋柔軟性が有意に向上。
中高齢者において、ケルセチン配糖体の摂取と低強度の運動を実施することで筋肉の柔軟性を高める可能性がある。

ビタミンD不足だと運動による動脈硬化リスクの改善効果が低下する?

ビタミンD不足だと運動による動脈硬化リスクの改善効果が低下する?

タイトル

Low Vitamin D Status Relates to the Poor Response of Peripheral Pulse Wave Velocity Following Acute Maximal Exercise in Healthy Young Men

内容要約

目的
ビタミンDの摂取状況が運動の動脈硬化リスク改善効果に与える影響を検討する研究。
方法
普段運動を行っている男子大学生50人にエルゴメーターによる運動負荷を実施。
①運動負荷前(ベースライン)、②負荷終了直後、③15分後、④30分後、⑤45分後、⑥60分後にPWV(脈波伝播速度)と血圧、心拍数を測定。
A.ビタミンD充足チーム(血中ビタミンDが50nmol/L以上)とB.ビタミンD不足チーム(血中ビタミンDが50nmol/L未満)に分けて比較。
結果・考察
②負荷終了直後、③15分後、④30分後において、Aチームの方が血管の弾性が有意に見られた。
ビタミンDが不足していると、運動による動脈硬化リスクの改善効果が得られない可能性がある。
普段運動をしていない人たちや女性においても同様に効果が低下する可能性があるのか、どのようなメカニズムで効果が消失するのか、などの検討が必要。

オメガ3多価不飽和脂肪酸・運動・ビタミンDが高齢者のがんリスクを下げる?

オメガ3多価不飽和脂肪酸・運動・ビタミンDが高齢者のがんリスクを下げる?

タイトル

Combined Vitamin D, Omega-3 Fatty Acids, and a Simple Home Exercise Program May Reduce Cancer Risk Among Active Adults Aged 70 and Older: A Randomized Clinical Trial

内容要約

目的
オメガ3多価不飽和脂肪酸(ω3PUFA)や運動、ビタミンDが発がん予防に影響を及ぼすかを調べた研究。
方法
欧州5カ国の70歳以上の高齢者2,157人が対象。
ビタミンD、ω3PUFA、およびそのプラセボ、自宅での簡単な筋力トレーニングの組み合わせにより、無作為の8群に分類。3カ月おき、3年間にわたり医療機関での検査が行い、浸潤がんの罹患が追跡。
結果・考察
ω3PUFA・筋力トレーニングチームで有意にがん診断リスクが低下。
ω3PUFA・筋力トレーニング・ビタミンDチームではさらに低下。
上記3つの要因が組み合わさることでがんのリスクを抑えれる可能性が示唆。

その他

うんちとして排泄されるエネルギーはどのぐらい?

うんちとして排泄されるエネルギーはどのぐらい?

タイトル

Role of Energy Excretion in Human Body Weight Regulation

内容要約

目的
糞便によるエネルギー損失について調べた調査。
内容
同じようにオーバーカロリーを摂取しても体重の増加にバラつきが見られた先行研究から、エネルギーを貯めこみやすい“thrifty型(倹約家)”と貯めこみにくい“spendthrifty型(浪費家)”がいると考えることができる。
過剰摂取したカロリーのうち、糞便へのエネルギー損失が少ない人で2%、多い人では10%に上るという報告もある。
脂質よりも糖質やたんぱく質のほうが糞便への排泄の個人差が大きいという先行研究のデータもある。
最後に食物繊維量や咀嚼、調理、ストレス、年齢なども糞便へのエネルギー損失を検討する上では考慮する必要がある。

※ブログ執筆者は研究者ではないので、細かい点で間違いがあるかもしれません。
ご了承いただけますと幸いです。
じっくり論文の内容を確認したい方は各論文のタイトルからチェックしてみてください。
少し掘り下げてチェックした論文はこちらから↓