お弁当は外食よりも健康的?

NO IMAGE

タイトル

The Nutritional Characteristics of Usual Lunches Consumed Among Japanese Workers: Comparison Between Different Lunch-Type Groups

内容要約

目的

日本人就労者が摂取する昼食の栄養学的特性が、昼食が準備される場所・喫食される場所によってどのように異なるかを調べた研究。

方法

対象
年齢:20~75歳
人数:620名

食事歴法質問票(MDHQ、朝食・昼食・夕食・間食ごとに、主な食品・栄養素の過去1カ月間の摂取量を把握することが可能)による調査。
MDHQから栄養学的な食事の質を示すスコア(HEI-2015、「米国人のための食事ガイドライン2015〜2020年版」の遵守度を評価するための尺度(100点満点)であり、スコアが高いほど食事全体の質が高い)を計算。

結果・考察

内訳
手作りチーム:190人
社員食堂チーム:77人
外食チーム:109人
テイクアウトチーム:244人

性別、年齢
・手作りチームでは、他のチームと較して女性の割合が高い傾向。
・外食チームとテイクアウトチームでは、手作りチーム・社員食堂チームと比較して年齢が若い傾向。

職種、就労時間
・外食チームとテイクアウトチームでは、手作りチーム・社員食堂チームと比較して販売・サービス職の割合が高値。
・外食チームとテイクアウトチームでは、手作りチーム・社員食堂チームと比較して就労時間が長い傾向

費用、時間
・手作りチーム・社員食堂チームでは、外食チームとテイクアウトチームと比較して安い傾向。
・外食チームとテイクアウトチームでは、手作りチーム・社員食堂チームと比較して13時以降に食べ始める人が多い傾向。

栄養
・HEI-2015は社員食堂チームが1番高く、以下手作りチーム、外食チーム、テイクアウトチームの順。
・手作りチームでは、外食チームとテイクアウトチームと比較してビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、亜鉛の摂取量が高値。
・社員食堂チームでは、外食チームとテイクアウトチームと比較してビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、ビタミンC、カリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅の摂取量が高値。
・手作りチームでは、外食チームとテイクアウトチームと比較して米類、卵類の摂取量が高値。
・社員食堂チームでは、外食チームとテイクアウトチームと比較して米類、いも類、豆類、野菜類、魚類、肉類の摂取量が高値。

⇒残食を考慮できているかがポイント。

※ブログ執筆者は研究者ではないので、細かい点で間違いがあるかもしれません。
ご了承いただけますと幸いです。
じっくり論文の内容を確認したい方は各論文のタイトルからチェックしてみてください。