「パラチノース摂ったらバテない?」

「パラチノース摂ったらバテない?」

今回のテーマ

「パラチノース摂ったらバテない?」

以下の論文から探っていきます!

論文情報

タイトル

運動前のイソマルチュロース含有飲料摂取が間欠的持久性運動における運動持続時間に与える影響

ジャーナル/年月

びわこ成蹊スポーツ大学 卒業研究抄録集 2015年度

著者/所属

城山隆二 / 競技スポーツ学科 トレーニング・健康コース

URL

運動前のイソマルチュロース含有飲料摂取が 間欠的持久性運動における運動持続時間に与える影響

論文内容

目的

運動前にイソマルチュロース(=パラチノース)が入った飲み物を飲んだらバテないか

対象

サッカー部男子7名

方法

飲料摂取後に自転車をMAXまで漕いでもらい、運動継続時間( ウォーミング アップ終了時から運動終了時までの時間 )を測定。
イソマルチュロース含有飲料、スクロース含有飲料をランダムに割り振り、後に水を試験飲料でも実施。

結果

イソマルチュロース、スクロースのどちらも水と比べて運動継続時間が長くなった。

ブログ執筆者の考察

糖質の種類に関わらず運動前に摂取しておくと、バテにくいと言えそうです。
水と比べると6分程差が出ています。
今後の展開としては、
・今回は部活生が対象でしたが、一般人でも同様に運動継続時間が延びるかどうか
・糖質の量を変えるとさらに運動継続時間が延びるかどうか
・運動前の食事は影響しているか、何時間前に摂取していて何を摂取しているか
・今回は自転車でしたが、サッカーのようにストップ&ゴーを繰り返すようなスポーツでも同様に運動継続時間が延びるかどうか
なども気になりますね。